2021年6月14日9:25

IT業界で働く前に知っておこう!フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いについて

IT業界で働いてみたいと考えていらっしゃる方は、職業の募集などを見られることがあると思います。この中でフロントエンドエンジニアという言葉や、バックエンドエンジニアといった言葉を目にすることがあると思います。これらの言葉について今回は解説してみたいと思います。

 

フロントエンドとバックエンド

フロントエンド、バックエンドという言葉を理解するためには、Webシステムについて知る必要があります。Webシステムの構成は次に示す図のようになっています。

Webシステムは皆さんの使っているスマートフォンやパソコンにあるWebブラウザからサーバシステムに対してリクエストを出し、それの返答を受け取ることで情報を表示することができるシステムです。この中でユーザー側に近い方のソフトウェアのことをフロントエンド、ユーザ側からは見えない方のソフトウェアのことをバックエンドと呼んでいます。

 

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、フロントエンドシステムを開発するエンジニアになります。フロントエンドで作る内容はユーザに情報を表示する部分になります。具体的にはHTML、CSSといったWebページを表示する部分の開発やWebブラウザ上で動作するソフトウェアである、JavaScriptでのソフトウェア開発などになります。ユーザの使い勝手に直結する部分で、見た目のデザインや操作性の良さ(最近はUX(ユーザエクスペリエンス)といったりしますが)などが設計者のセンスによって変わってきますので、使いやすいシステムを作れる人は腕のいいエンジニアと言えると思います。

 

バックエンドエンジニア

対してバックエンドエンジニアは、サーバサイドのシステムを開発するエンジニアになります。データベースにアクセスをして必要となる情報を取得、保存する処理や、表示をする情報を整形してフロントエンド側に送信する処理などを担当します。バックエンドで使用する言語には、Python、Ruby、Java、など多岐にわたります。Node.js を使う場合もあるのでJavaScriptである場合もあります。どの言語でも基本的な処理の内容が大きく変わるわけではないので、まずは一つ言語を覚えていただき、開発できるようになれば、あとは言語やフレームワーク(Webシステムを開発するためのツールとして使用するソフトウェア)の違いを理解すれば開発できるようになります。

 

将来性

Webシステムは現在の主要なシステムであり、スマートフォンが使われている状況が変わらない限り、主要なシステムの地位が変わることはないと考えられます。そのため、技術的な素養を積み上げていけば、働く場所がなくて困ることはないと考えられます。ただし、技術はどんどん進歩していきますので、常に新しいことを学習していくことは必要になると思います。

 

まとめ

今回は、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアについて解説しました。Webシステムの開発は、多く求められているため求人も多い職種です。興味がありましたらぜひまずはプログラミングを勉強していただき、トライしてみていただくとよいのではないかと思います。

 

 

プログラミングを学ぶなら「ドクターコード」

ドクターコードはタイムレスエデュケーションが提供しているオンラインプログラミング学習サービスです。初めての方でもプログラミングの学習がいつでもできます。サイト内で質問は無制限にでき、添削問題もあります。ぜひお試しください。

ドクターコードに進む »