2021年5月28日9:39

今IT業界で求められているプログラミング言語は?

皆様、こんにちは。代表の小林です。

今回は、IT業界で求められているプログラミング言語のスキルについて書いてみたいと思います。これは、デューダ、マイナビ、リクナビの3社に求人としてでている内容において、ほしいプログラミング言語のスキルについてそれぞれ調べてみた内容になっています。2021年1月18日現在で各サイトで検索をして調べてみました。

対象としたプログラミング言語

調べた言語は次のとおりです。

  • Python:人工知能やデータ分析の分野でよく使われるプログラミング言語
  • Java:サーバ系のソフトウェアなどでよく使われるプログラミング言語
  • PHP:Webシステムのソフトウェアで使われる言語。WordPressなどのCMSで利用されている。
  • Ruby:RailsなどのWebフレームワークでの利用が多いプログラミング言語
  • C言語:組み込み系での需要は高いプログラミング言語
  • JavaScript:Webアプリのフロントエンドで使われるほか、Node.jsでバックエンドととしても利用されるプログラミング言語
  • COBOL:昔からある金融系システムで使われている言語
  • C#, ASP, VisualBasic:C#はWindows系アプリや、ゲーム開発環境の Unityで利用されているプログラミング言語。ASPはマイクロソフトが開発したウェブページを動的に作成する技術。VisualBasicもWindowsアプリで利用される言語
  • Swift:iOSのアプリで使われる言語
  • Android (Java):Javaなのですが、Androidと書かれている求人数。上にあるJavaはこれが含まれている可能性がある。

結果

調べた結果は次のようになりました。Javaの求人数が高く、ついでPHP、Python、JavaScriptが続くような形です。Javaは以前より多く使われている言語であることと、Androidアプリなどでも使われていることもあり多いというのはそうなのでしょう。Pythonの求人数がそこそこ高いのは、データサイエンスや人工知能などの分野での利用が増えているということなのでしょうか。

まとめ

今回はIT業界でのプログラミング言語ごとの求人数についてご紹介しました。今からプログラミング言語を勉強しようとかんがえていらっしゃる方のご参考になれば幸いです。

プログラミングを学ぶなら「ドクターコード」

ドクターコードはタイムレスエデュケーションが提供しているオンラインプログラミング学習サービスです。初めての方でもプログラミングの学習がいつでもできます。サイト内で質問は無制限にでき、添削問題もあります。ぜひお試しください。

ドクターコードに進む »