04-Webプログラミング

PythonによるWebプログラミングを学習する内容です。


今すぐ登録

Webフレームワークプログラミング

Webアプリケーションは現在使われているアプリケーションでも主流となるものの一つです。Webアプリケーションを開発するためのツールにWebフレームワークがあり、プログラミング言語ごとにいろいろなものがあります。ここではPython用のフレームワークであるDjangoを使いながらWebアプリケーションの開発を理解していただきます。

ユニット1「Webアプリを作ってみよう」

この回では、DjangoというWebフレームワークを用いたWebアプリケーションの開発の手順を学びます。開発環境の準備を行い、簡単なBlogアプリを表示する部分までを体験してみましょう。

  • 開発環境の準備
  • Djangoを使ってみる
  • Blogアプリを作ろう

ユニット2「Djangoの仕組みを知ろう」

この回では、さらに作ったWebアプリケーションの完成度を高めていきましょう。仕組みについて最初説明を行います。その次に、HTMLの書き方、特にWeb用のツールキットの一つであるBootstrapとCSSの書き方について扱います。そして、テンプレートを拡張する方法についてと詳細を表示するページを作成する方法について学びます。これに加えてバージョン管理システムgitについて学習します。ソフトウェアの規模が大きくなるとバージョン管理をすることは重要です。この機会に覚えていきましょう。

  • Djangoの仕組み
  • Gitで管理しよう
  • HTML、CSS、Bootstrap
  • テンプレートの拡張
  • 詳細ページの表示
  • 家計簿アプリ1

ユニット3「ログインページを作ろう」

この回では、さらにGitHubを用いたバージョン管理について扱います。そして、Djangoを用いたログインページを追加する方法について学習します。

  • Branchをmasterにマージする方法
  • ログインページの作成
  • ユーザ情報の編集
  • ユーザ登録機能

ユニット4「フォームを理解しよう」

この回では、主にフォームに関して扱います。フォームはデータを入力することや、検索などを行う際に使用します。また、ペジネーションについても学習します。

  • フォームについて
  • データの登録(CreateView)
  • データの変更(UpdateView)
  • データの削除(DeleteView)
  • 検索
  • ペジネーション

ユニット5「ダッシュボードを作ろう」

この回では、ファイルアップロードの方法とCSVファイルによるデータの一括更新の方法について扱います。また、グラフ表示に関してJavaScriptを用いて表示する方法を学びます。

  • ファイルアップロード
  • Pandas
  • JavaScriptによるグラフ表示

戻る