03-データベース入門

データベースの基礎を学習する内容です。


今すぐ登録

データベース入門

データベースに関して学習するための教材です。最初にデータベースの導入としてスプレッドシートに関して学習します。 そして、テーブルの設計方法から始まり、実際にデータベースを利用したアプリケーションの作成までを学習します。

ユニット1「スプレッドシートを使ってみよう」

数値の計算やデータの可視化をするツールとして、スプレッドシート(表計算ソフト)はよく使われているツールです。 ここでは、スプレッドシートの使い方を理解し、様々な生活のシーンで使えることを理解しましょう。

ユニット2「データベースを使おう」

データベースを使い、データをどのように扱うかを学びます。最初にデータベースのテーブルを設計する方法について学習し、 その次にリレーショナルデータベース用の言語であるSQLについて学びます。 データベースの設計から始まり、SQLでデータを登録するところまでを扱います。

  • データベースとは
  • 帳簿データベースを設計してみよう
  • ER図
  • SQLでデータベースを作ってみよう

ユニット3「SQLで検索」

RDBを更に活用するためのSQLについて理解を深めます。検索、集計、更新、削除、結合について扱い、 データベースで様々な処理をできることを理解します。 この回では、データベースにアクセスを行い、検索、集計、更新、削除、結合などの操作が行えることを実際に試しながら理解します。

  • データの検索
  • データの集計
  • データの更新、削除
  • テーブルの結合

ユニット4「Pythonでデータベースにつなごう」

ユニット3までで扱ってきたデータベースと、アプリケーションを接続したシステムを作ります。データベースはデータを管理する機能は提供していますが、SQLで制御するだけで一般の人が使うようにはできていません。一般の人が触るアプリケーションから操作することでデータベースを使用することができます。今回は実際の例を通じて使い方を学習します。

この回では、Pythonを用いたデータベースの操作を学びます。今までのSQLの知識があれば、扱うのは問題ないと思います。最後に一つプログラムを作成する課題にチャレンジしてみましょう。

  • DBにアクセスするアプリケーション
  • 対話型のシステム

戻る